<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 保証制度の中でも最高のものとされるのが生涯保証となります。
期間を設けることなく一生涯再治療を保証してくれる生涯保障は保証制度の中でも大変魅力的なのです。

 

レーシックのアフターサービスの中でも最も重要となってくるのが保証制度となります。
レーシックを受けた後、そのくらいの期間無料で検診や再手術を実施してくれるのかということは、眼科医院毎によって違いがあるのです。

 

レーシックのクリニックを比較をする上での重要な判断となるのが保証期間です。
これはレーシック手術後に余計な費用を追加しないために非常に重要なこととなるので事前に比較をしておきましょう。



<レーシックガイド>レーシックには保証制度もあるブログ:20201013

よく「20時遅く食べると太る」と言われていますが、
それは自律神経に関係しているみたいですね。

そもそも自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、
呼吸器や循環器、消化器などに大きく関わっていますが、
20時に太りやすい理由は、この副交感神経の特徴にあるようです。

まず、主に午後間に働くのが交感神経です。
交感神経の影響で、
午後はエネルギー消費されやすく、胃の働きや消化が活発になります。

一方、20時は副交感神経が働いて、
腸が栄養を吸収して脂肪として蓄えようとします。

この副交感神経の関係で、
夕食の食べ過ぎや、
食事の後120分たたないうちに寝てしまったりすると
太りやすくなるんです。

そうはいっても、さまざまな事情で
夕食が遅くなることもありますよね。

そんなときは夕食前に「間食」をとり、
夕食は野菜中心の低カロリーなものにしてみましょう。

夕食までの時間が長いと、
我慢することによりドカ食いしてしまう危険性がありますが、
間食をとっておくことで暴飲暴食を防ぐことが出来ます。

間食には高カロリーのスナック菓子ではなく、
脂質が少なくて、お腹が満足しやすいものにしましょう。

おにぎりやを果物はじめ、
ヨーグルト・野菜スープ・低カロリーのこんにゃく製品などは、
手軽に食べられて満腹感が得られるのでおすすめです。

賢く間食を利用して、
身体にやさしい夕食を心掛けてみてくださいね。

そして、
ダイエットのためにも、
食事は就寝120分前には済ませるように心がけましょう。