<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:20200920

せっかくの休日、
運動不足を解消しに出かけたくても、
掃除をしなくちゃならなくて…

そんな時
おいらは発想を転換し、
掃除を快適な運動にしてしまいます。

掃除は、
物を拾う、動かす、掃除機やモップをかける、ぞうきんで拭く…などなど、
いろいろな作業を含みます。

そして、それぞれの作業によって、
うで、足、こしなどを多様に動かしながら、
曲げ伸ばしを反復して行うことが多いので、
筋力や柔軟性を高める運動として活用するには
もってこいなんですよね。

単なる「掃除」を
「運動」に変えるのは、意外と簡単!

ストレッチをするときのように、
使っている筋肉に意識を向けながら動作をゆっくりと行い、
伸ばす時には息を吸い、
縮めるときには吐くようにします。

そうするだけで、
漫然と掃除をしている時とは違った
肉体の使い方ができるようになりますよ!

気をつけたいのは、
右のうで・足を使ったら左でも同様の作業をし、
上体を右にひねる動きをしたら、
左も同じような動きをすること…
そうすれば、バランスのよい運動になるからです。

美しいフォームを身につけているアスリートは、
故障が少ないと言われます。
無駄のない動きが、強さやスピードにつながるからでしょう。

掃除をするときも同じです。
動作はしなやかに、美しく!
きれいな姿勢を保つように意識すると、
腹筋や背筋に力がつき、たるみがなくなってきますよ。

憧れのモデルかタレントにでもなった気分で
掃除してみるのもよいかもしれませんね。

まずは軽くヒザやうでの屈伸、そして深呼吸をしたら、
さあ、始めましょう。

気になる二の腕や腹周り、
お尻や背中もキュッと引き締めながら、
家中をきれいにしてしまいましょう!